転職 志望動機

転職に欠かせない重要な項目・・・志望動機です

転職,志望動機

 

志望動機ってとっても重要です。

 

なぜ?そもそも転職をしたいとおもったのでしょうか?

 

人それぞれ理由も違うと思います。

 

大手の転職サイト等をみていても、転職する先のことや

 

面接についての説明などはしっかり書いてありますが、

 

あなたがなぜ転職しようしたのか?

 

どうして、新しい面接希望している企業へアプローチしたのか?

 

その部分が抜けているのです。

 

転職,志望動機

 

志望動機というのは、その点で一番重要だと私は考えています。

 

まずは、「なぜ?」「どうして?」を自分に問いかけることをしてみましょう。

 

あなたが思い描く、転職動機はなにでしょうか?

 

1つづつ順を追って整理していきましょう!!

志望動機までの道筋

転職,志望動機

 

では、さっそく考えてみることとして、

 

1、なぜ今勤務している会社を辞めたいと思ったのか?
※もしくは、退職したのか??

 

⇒いろんな理由があると思いますが、他人への回答ではなく
 自分自身に対しての素直な理由を考えてみてください。
 もしかすると、本当は逃げなんじゃないか?とか、
 給料の面だとか、転勤が嫌だとか、、。

 

転職,志望動機

 

上記の通り、退職理由の多くはこんなとこでしょうか?

 

・職場になじめない

 

・上司がクソである

 

・同僚がいない

 

・女性ばかり(男性ばかり)の職場である

 

・仕事が激務(サービス残業あたりまえ)

 

・給料が安い(友達・同年代に比べ激安)

 

・休みがすくない(有給とりづらい)

 

・最初から就職する気にならなかった(世間体のためとりあえず就職した)

 

・自分自身が今の仕事内容に向いてない(営業とかカスタマエンジニアとか)

 

・通勤が遠いので、いやになった

 

・親の介護のせい

 

・転勤がある

 

・朝がはやい(もしくは、夜勤がある)

 

・人と接する機会が皆無で人間的な生活ができない

 

・会社の人事評価に納得いかない(ゴマすり野郎が昇進する)

 

・責任感が強くて、毎日こなすことがつらい

 

転職,志望動機

 

もう、出るわ出るわってこれ、私が感じたことすべてですけどね・・・(笑)

 

ま、自分に素直になってなぜ?退職しようと思ったのかを整理してみてください。

 

よく、整理するには紙に書くことがいいといいますが、だまされたと思ってやってみてください。

 

最近では、携帯のメモ帳に書くことをオススメしています!

 

転職,志望動機

自分自身の気持ちに気づけました?

転職,志望動機

 

誰にもいうことはないです。

 

本当の自分の気持ちを自分にだけさらけだしましょう。

 

もしかすると、吐き出しただけで転職はもう少し先伸ばしにしようかな?

 

と思う方もいるかもしれません。

 

ですが、なぜ自分の気持ちに気づかないといけないのか・・・ここ重要です。

 

転職を数多くこなしてきた私ですが、だからこそわかることがあります。

 

とここで、私のプロフィールを紹介しましょうか。

 

転職,志望動機

 

 22歳      大学卒(一浪のため)
 22歳〜23歳 雑貨系地元企業 営業職
 23歳〜24歳 第3セクター企業 事務職
 24歳〜27歳 広告代理店 営業・技術職
 27歳〜30歳 大手コンビニ 店長候補
 30歳〜31歳 大手学習塾 講師マネージャー(管理職)
 31歳〜35歳 地元物流関連 配送管理
 35歳〜    地元大手システム開発 プロジェクトマネージャー(現在38歳なり)

 

次々と転職を繰り返してきた私ですが、

 

自分自身の本音でいえば、単純です。

 

わたしは飽き性なんですよね。

 

3年以内で飽きてしまうんです(笑)

 

自分のことわかっていれば、それなりに志望動機も定まってきますよ。 

志望動機=強い気持ち

面接のときに、なぜ当社へ志望されましたか?というのは定番です。

 

その時に必要なのは、自分が何をしたいのか?

 

強い気持ちで答えることが必要ですよね。

 

・会社の風土がよさそう

 

・福利厚生面で待遇がよさそう

 

・給与面でUPは間違いない

 

・知り合いから聞いて他よりよさそうに思った

 

・仕事内容が今と変わらずやっていけそう

 

・職場の雰囲気がよさそう

 

・取引先だったので、人となじめそう

 

・ステップアップになるとおもった

 

・ステータスがほしかった

 

・正社員になりたかった

 

など、など。

 

本当の気持ちを強くおもって面接官にPRしていきましょう。

 

その面接官も就職すれば、仲間になるはずです。

 

将来の自分の居場所を確保するなら、

 

強い気持ちが大切なんです。

 

転職,志望動機